このページは https://speakerdeck.com/shintanimoto/springone2016-distributed-tracing-using-sleuth-and-zipkin の内容を掲載しています。

掲載を希望されないスライド著者の方は、削除申請よりご連絡下さい。

埋込み型プレイヤーを使用せず、常に元のサイトでご覧になりたい方は、自動遷移設定をご利用下さい。