SSSSLIDE

ラジオ放送番組におけるスポーツ実況中継の分析

byTakuya Nishimoto

2010/06/12にアップロード

西本 卓也,光部 杏里, 渡辺 隆行: "ラジオ放送番組におけるスポーツ実況中継の分析," 電子情報通信学会技術報告, WIT2006-6, pp.27-32, May 2006.

ラジオ放送におけるスポーツ実況中継では,音声のみを用いて聞き手に視覚的なイメージを与えるための配慮がなされている.このような配慮は視覚障害者支援技術にも役立つことが期待される.そこで,競馬,野球,サッカーなどの実況中継におけるテレビおよびラジオのアナウンサーの発話内容を比較・分析した.競馬においては,レースの序盤,中盤,終盤,といった状況ごとに注目される対象の遷移が見られた.野球においては,テレビでは常時画面に表示されている得点やボールカウントなどの試合状況は,ラジオ中継では頻繁に音声で伝えられており,重要な情報ほど高頻度で発話されていた.またサッカーにおいては,連続的なゲームの展開を,間投詞を用いてシーンに分割して伝えていた.

An analysis of the sports commentaries in radio programs
Takuya NISHIMOTO, Anri MITSUBE, and Takayuki WATANABE

The sports commentaries of the radio broadcastings give the visual images of the sport games only by the audio channels. Such skills are expected to be useful in human-machine interfaces for people with visual disability. From this viewpoint, we investigated the contents of the utterances in the sports commentaries of the TV and radio programs. This report deals with the commentaries for the horse racing games, the baseball games, and the soccer games. In the horse racing games, the transitions of the attention focusing were observed during the games. In the baseball games, the important pieces of information, such as the scores and the counts, were announced more frequently, especially in the radio broadcastings. In the soccer games, interjectional words are effectively used to divide the sequence of events into the scenes.

参照元: http://www.slideshare.net/nishimotz/nishimoto2006-wit05-slidev4