SSSSLIDE

G169-1いとうたけひこ・平沼博将・中島常安・堀尾良弘・杉田明宏・伊藤哲司 (2011, 9月) 平和を創る(1):平和心理学の現在 日本心理学会第75回大会 ワークショップ

byTakehiko Ito いとうたけひこ

2017/05/15にアップロード

「平和心理学を創る(1):平和心理学の現在」と題する本ワークショップでは、平和心理学の創造のために、各自の研究を交流することにより、平和心理学を創り統合することを目的とする。そのために、4つの分野からの報告を行なう。
第1に、いとうたけひこは、これまでの日本における平和心理学の過去を振り返り、平和心理学の可能性について報告する。第2に、中島常安は「幼児期の平和教育」について報告する。第3に、堀尾良弘は犯罪・非行における暴力性について報告する。第4に、杉田明宏は沖縄ピースツアーの意義と効果について報告する。指定討論者の伊藤哲司は非暴力の心理学の立場から以上の4つの報告についてコメントをする。最後に参加者の討論を通して平和心理学の現在を語り未来につなげていく。
【参考文献】杉田明宏・伊藤武彦 2008 日本における平和心理学の発展:心理科学研究会平和心理学部会20年の活動を焦点に 心理科学, 28(2), 42-55.

参照元: http://www.slideshare.net/TakehikoIto1/g1691-2011-9